歯槽膿漏は歯周病の症状のひとつです

テレビCMなどでも目にすることが多くなった歯周病という言葉ですが、何となく分かっていても自分の身に起きてみないとその実状は分からないものです。しかし、中高年の約8割は歯周病になるとも言われている身近な病気のひとつなのです。 歯周病は、歯と歯茎の境目に細菌がたまり、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。炎症を起こすと歯肉が赤くなったり腫れたりしますが、痛みはほぼ末期の症状にならないと伴わないが厄介なとことです。歯周病は進行すると、歯周ポケットと呼ばれる歯肉と歯の境目の溝が深くなり、歯を支える歯槽骨、いわゆる土台が溶けて歯が動くようになり、最終的には抜かなくてはいけなくなります。この、歯周病が進行した症状のひとつに歯槽膿漏があり、特に、歯を支えている歯槽骨から膿が漏れている状態を言います。歯槽膿漏は歯茎から膿が出て、口臭もひどくなってしまいますので、痛みが出る前に、歯茎が赤くなるなどの異変をいち早いキャッチして治療し、進行を止めたいものです。

歯周病は予防、治療ができます

歯周病は口の中の細菌によって引き起こされ、最終的には歯槽膿漏など、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気ですが、それは予防することができます。まずは口の中の細菌を増やさないということです。丁寧なブラッシングで歯周ポケットの中まできれいに歯磨きをすることが需要です。また、砂糖を過剰摂取すると、細菌と砂糖が結び付き、歯の表面に歯垢としてくっつきます。歯垢は粘着性が強く、簡単には落とすことができなくなります。歯垢の中には虫歯や歯周病を引き起こす細菌が存在していますので、この歯垢が付かないように歯磨きをしなければいけません。 とは言っても、こまめにブラッシングしているつもりでも、どうしても磨き残しはあるものです。そこで、歯科医院で定期的に歯垢の除去などの専門的なクリーニングを行うことが歯周病予防に効果的です。傷んだ歯茎や骨も治療し、その後は定期的にメンテナンスすることが何より重要です。不規則な食習慣や喫煙、ストレス、歯ぎしりなども歯周病を進行させると言われていますので、歯茎の様子がいつもと違うと感じたら早めに歯科医に相談し、治療、予防に努めたいものです。