歯周病の原因は歯周病菌による感染

歯周病は自覚症状として歯肉の炎症から始まり、膿みの発生等を伴ってその状況が悪化した後、最終的には歯と顎をつなぐ骨が溶かされていってしまって葉が抜けて落ちてしまう恐ろしい病気です。その原因は多くの人の口内に存在している歯周病菌が放出する毒素であり、その攻勢が自己の防衛機能を越えてしまう状況が続くと歯周病が進行していくことになります。 歯周病菌に感染しなければ歯周病になる心配はありませんが、実質上はほとんどの人が既に感染していると推測されています。そのため、歯周病を発症させないということが最も大事な考え方になります。そのために必要なのは歯に歯垢を残さないことであり、歯垢がたまっていくことによって歯石やバイオフィルムが形成されてくると自分では歯周病対策を立てるのが難しくなってきます。できる限り歯医者のお世話にならずに歯周病管理を行うためには日々のセルフケアで歯垢を残さず除去するという考え方が基本になるのです。

歯垢を残さないためのセルフケア

歯周病対策として自分でできることの最も役立ち、かつ手軽に行えるものが歯磨きです。丹念に歯磨きをすることによって歯垢を除去することを繰り返していれば人が持つ自浄作用も相まって作用することにより歯周病の予防としては十分なものになります。歯磨きの際には磨き残しを作らないことが重要であり、特に歯垢がたまりやすい歯と歯茎の間を丹念に磨くということが大切です。 一方、歯ブラシで磨くだけでは十分に歯垢の除去ができない部分もあります。歯と歯の間がそれに該当し、特に歯並びが悪い人の場合には歯垢が残りがちです。そういったところの歯垢を取り除くためにデンタルフロスを用いたセルフケアを歯磨きと並行して行うことが大切です。歯ブラシをデンタルフロスを使えば80パーセント以上の歯垢を除去できるとされており、それだけの歯垢を毎回除去できていればほぼ確実に歯の健康を維持できます。歯周病には歯垢をためないことが何よりも大切であり、そのために必要なのが適切な歯磨きなのです。