歯周病の特徴と基本となる治療

現代病の一つともいえる歯周病は進行すると歯が抜け落ちてしまうことすらある重大な疾患の一つです。歯磨きによって予防を行うことができるものの、正しい歯磨きを継続的に行っていかなければならないことからそれを完璧な形で続けられる人はそれほど多くはなりません。そのため、歯周病は普段のセルフケアに加えて早期発見、早期治療が基本的な考え方となります。 歯周病の治療はその進行度によって異なりますが、基本的には自己治癒力に頼るのが一般的です。歯周病菌の数をできるだけ治療によって減らし、その状態を維持することによって歯周病菌からの攻撃を防ぎます。その間に自己治癒力によって既に起きてしまっている炎症や出血を止めるというのが治療の考え方となります。そのために歯周病菌の温床となっている歯石やバイオフィルムを取り除くというのが歯医者によって行われることです。そして、適切な歯磨きの方法の指導を受けて歯垢を残さない歯磨きを行うのが基本的な治療になります。

進行が著しい場合の治療は抜歯を伴うこともある

口の中の自己治癒力は高いことから歯周病菌さえ減らしてしまえば比較的容易に炎症や出血は止めることができます。しかし、歯周病の影響が骨にまで到達してしまっていた場合にはその回復はほとんど見込めません。歯がぐらついてしまってものを噛むのに支障があるほどになってしまっている場合にはそのぐらつきから炎症が発生してしまったり、歯磨きのしづらさから再度歯周病が発症する原因となったりすることから抜歯に踏み切らざるを得ない場合もあります。そういった事態になる前に治療を行って歯周病菌を減らすということが大切です。 口内には無数の細菌が存在していて、それを根滅するのは事実上不可能です。一度歯周病になってしまったら生涯を通してそのリスクを抱えながら生活していかなければなりません。毎日の歯磨きで十分な予防を行うことができますが、歯周病が進行してしまうことを想定して歯医者に定期的に通ってクリーニングを受けるということが口内の健康を保つのに有効です。